Zikoo Roboticsが穀物倉庫の改革を後押し、倉庫効率を3倍に向上

このプロジェクトは、Zikoo Roboticsが独自に開発したスマートシャトルのハードウェアとソフトウェアの統合ソリューションの穀物貯蔵分野への高い適用性を示すもので、顧客から高い評価を得ている。

一般質問

下記フォームに必要事項をご記入の上、「送信」ボタンをクリックしてください。折り返しご連絡させていただきます。

実績

  • システム・ソフトウェアとハードウェアの効果的な連携により、全体的な効率を3倍に向上。
  • 改装後、倉庫スペースの利用率が大幅に向上し、保管位置が増加した。
  • 無人化を実現し、人の出入りを減らし、安定した倉庫環境を効果的に確保。
Zikoo's ソリューション
K
L

  • 575平方メートルの4ウェイ車両スタッカー倉庫を建設。クリアハイは6.5メートルで、600以上の保管ポジションを持つ3段式保管システムを採用。
  • 4ウェイシャトル3台、エレベーター1台、複数のコンベアライン、テレスコピックベルト機、デパレタイジングロボットアーム、パレットスタッカー機を装備。
  • WMS、WES、WCS、RCSソフトウェア・システム一式を導入。
  • 標準パレットサイズは1300mm x 1100mm x 150mm。

課題
K
L

  • 手作業の効率が低い
  • 倉庫スペースの活用不足
  • 倉庫に並ぶ不規則な形の柱
  • 保管中の環境安定性に対する高い要求

プロジェクトの背景
K
L

賞味期限の制約など、食品には独特の性質があるため、食品業界ではバッチ追跡に高い精度が求められる。このため、倉庫やロジスティクスは、適時性と優れた注文処理能力を強化する必要がある。さらに、特にパンデミックの影響下で、食品の安全性と品質基準が高まったことで、倉庫環境に対する要件も厳しくなっている。

穀物貯蔵の変革を促進し、貯蔵効率を3倍に高める

パンデミック(世界的大流行)が常態化する中、人口圧力や複雑な国際力学と相まって、穀物保管の重要性はますます高まっている。いかにして倉庫の保管能力と効率を高め、穀物保管環境の安定性を確保し、インテリジェントな倉庫への転換を実現するかは、多くの穀物企業にとって喫緊の課題となっている。

Zikooロボティクスは、ある大手穀物倉庫企業の既存の保管モデルに対応し、インテリジェントな三次元倉庫変換プロジェクトをカスタム設計しました。同社の以前の手作業による保管モデルは、人件費がかさむだけでなく、作業ミスも発生しやすかった。スタッフが頻繁に倉庫に出入りすることで、環境の安定性が損なわれ、保管されている商品の品質に影響を及ぼしていた。さらに、倉庫の不規則なレイアウトは使用可能なスペースを制限し、無駄な土地代につながっていた。そのため、コスト削減と効率向上を達成するために、インテリジェントで自動化された倉庫への転換が急務となっていた。

エンジニアリング・コスト、保管密度、その後のアップグレードへの柔軟性を考慮した結果、4ウェイ車両立体倉庫が設計・建設された。600平方メートル以上、高さ6.5メートルの倉庫は、約1000の保管場所と3段の棚で構成されている。この倉庫には、3台のインテリジェント・シャトル・ビークルが入出庫作業用に装備され、伸縮ベルト・マシン、デパレタイズ・ロボット・アーム、パレット・デスタッカー、エレベーター、関連コンベヤー・ラインも備えられ、完全に自動化されたワークフロー・システムが構築されている。

プロジェクトのインパクト

Zikoo Roboticsの穀物保管インテリジェント倉庫改造プロジェクトは、倉庫改造における高効率、低コスト、高知能、低結合という顧客の要求を最大限に満たした。変換後、倉庫の作業効率は3倍になり、企業の保管能力と業務効率を大幅に向上させた。

このプロジェクトは、Zikoo Roboticsが顧客の痛点に対する的確な理解と対応、そして自社開発したインテリジェントシャトルビークル製品の穀物保管分野における高い応用性を示すものであり、顧客から高い評価を得た。今後、Zikoo Roboticsは自主的な研究開発の道を歩み続け、製品サービスの深さと幅を広げ、応用シーンを拡大し、よりインテリジェントで安全かつ効率的な倉庫の建設を後押ししていく。

 

Zikoo Roboticsは、コンサルティング、製品、インテグレーション、サービスの4つの主要セグメントをカバーしている。同社はインテリジェント倉庫のパレット保管ソリューション・プロバイダーとして、パレット保管が重要なアプリケーションである業界に注力している。インテリジェント倉庫オペレーティングシステムを中心に、パレット保管ロボットをキャリアとして使用し、顧客にフルライフサイクル・ソリューションを提供している。同社は総合的な研究開発システムとハードウェア・ソフトウェア開発チームを擁し、独自の研究開発に注力している。ロボット本体、コア・アルゴリズム、オペレーティング・システム、ビジネス・システムにおいてフル・ループの研究開発能力を有し、150以上の独立した知的財産権を所有している。電力、製薬、物流、精密製造などの分野で成熟した産業ソリューションを持ち、Zikoo Roboticsは引き続き産業応用のシナリオを拡大し、各分野のストレージ転換を促進する。

関連商品

R-Bot

4ウェイ・パレット・シャトル

H-Bot

高速エレベーター

お問い合わせ

Zikoo Robotics

ZIKOO Roboticsのオートメーション・エキスパートにご相談ください。

 

住所

中華人民共和国南京市玉花台区ソフトウェア大道170-1号4棟4階

電子メール

電話

(+86)-13851470374