デジタルツイン・スマート倉庫コントロールセンターの構築

スマートパークはリアルにモデル化され、倉庫、ヤード、道路、建物など様々な機能エリアが明確に区分けされている。多視点表示が可能で、表示画質の手動選択やシーンの自動回転にも対応しています。

一般質問

下記フォームに必要事項をご記入の上、「送信」ボタンをクリックしてください。折り返しご連絡させていただきます。

実績

  • システム・ソフトウェアとハードウェアの効果的な連携により、全体的な効率を3倍に向上。
  • 改装後、倉庫スペースの利用率が大幅に向上し、保管位置が増加した。
  • 無人化を実現し、人の出入りを減らし、安定した倉庫環境を効果的に確保。
Zikoo's ソリューション
K
L

  • 575平方メートルの4ウェイ車両スタッカー倉庫を建設。クリアハイは6.5メートルで、600以上の保管ポジションを持つ3段式保管システムを採用。
  • 4ウェイシャトル3台、エレベーター1台、複数のコンベアライン、テレスコピックベルト機、デパレタイジングロボットアーム、パレットスタッカー機を装備。
  • WMS、WES、WCS、RCSソフトウェア・システム一式を導入。
  • 標準パレットサイズは1300mm x 1100mm x 150mm。

課題
K
L

  • 手作業の効率が低い
  • 倉庫スペースの活用不足
  • 倉庫に並ぶ不規則な形の柱
  • 保管中の環境安定性に対する高い要求

プロジェクトの背景
K
L

賞味期限の制約など、食品には独特の性質があるため、食品業界ではバッチ追跡に高い精度が求められる。このため、倉庫やロジスティクスは、適時性と優れた注文処理能力を強化する必要がある。さらに、特にパンデミックの影響下で、食品の安全性と品質基準が高まったことで、倉庫環境に対する要件も厳しくなっている。

公園のリアルシーン3Dツインニング

スマートパークはリアルにモデル化され、倉庫、ヤード、道路、建物など様々な機能エリアが明確に区分けされている。多視点表示が可能で、表示画質の手動選択やシーンの自動回転にも対応しています。

倉庫内のリアルシーン3Dディスプレイ

倉庫内部の詳細な3Dモデリングには、壁、床、屋根、垂直保管エリア、防火設備などが含まれ、倉庫内の全体的なレイアウトを正確に反映します。

倉庫内の移動機器の動的3Dモデリング

zikoo Roboticsが独自に開発した四方向移動車、無人フォークリフト、ロボットアーム、パレット解体機、エレベーター、搬送機器など、倉庫内の移動機器を1:1の縮尺で3Dモデル化したもの。機器のダイナミックな動きは、モーション制御アルゴリズムとコンフィギュレーションによって実現され、高精細なレンダリング技術によって全体的に優れた表現が可能になっています。

マルチソースデータ統合

さまざまなクライアントの特定の実世界シナリオに対応するため、システムは現場の設備やWMSやWCSのようなデータ収集用システムからのデータを統合し、仮想環境と物理環境間のリアルタイム同期を実現する。デジタル・ツイン・スクリーンとコンピュータを通じ、ユーザーはリアルタイム・モニタリングのために視点を調整したり、シーンを切り替えたりすることができ、設備、材料、アラート、データのダイナミックな視覚化を可能にする。

機器の動的視覚化

入出庫のスムーズな流れを確保するため、ライン全体がデジタル・ツインニングとシミュレーションの組み合わせを利用している。実際の機器データにより、機器の座標、動作経路、ステータスアラートなど、対応する動作が表示され、機器の状態を監視することができます。

素材の可視化

倉庫資材の1:1モデルが構築され、そのコードにバインドされることで、バーチャルと実際のシーン間のリアルタイムツイン同期が実現される。デジタルツインの監視・メンテナンスプラットフォームを通じて、保管・発送されている商品のデータをリアルタイムで表示することができ、監督、メンテナンス、調整された分配のための倉庫の移送活動に対する包括的な洞察を提供する。

アラートとコントロール管理

デジタル・ツイン・システムは、アラート情報を継続的に収集し、アラート設定をサポートすることで、在庫不足、在庫滞留、設備アラートの通知を可能にし、情報システムのホームページに目立つように表示される。

バーチャル・リバース・コントロール

デジタル・ツイン・システムは、移設や棚管理業務を可能にし、双方向制御による仮想的要素と物理的要素の真の統合を実現する。

データとチャート表示

WMSシステムと統合され、広範な倉庫データと接続され、システムは棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフなどを通じて様々な種類のデータを提示する。作業スタッフは現場にいなくても、スマート倉庫や商品の状況をリアルタイムで把握することができ、倉庫データをリアルタイムで透明化することで、保管効率を高めることができる。

新興テクノロジーの活用

zikoo Roboticsの「Fly Shuttle Pallet Efficient Storage System」デジタルツインサービスは、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、AI、IoT、モバイルインターネットを活用し、倉庫業務をリアルタイムで可視化し、資材を管理・制御できるようにする。企業が保管セグメントをデジタルかつインテリジェントにアップグレードし、スタッフ業務の難易度とリソース投入を減らし、保管効率を高めることを支援する。さらに、予測分析のために倉庫データにアクセスし、蓄積し、分析することで、企業の洗練された管理能力を強化し、科学的な意思決定を可能にし、倉庫管理をよりスマートにし、産業運営をよりインテリジェントにする。

関連商品

R-Bot

4ウェイ・パレット・シャトル

H-Bot

高速エレベーター

お問い合わせ

Zikoo Robotics

ZIKOO Roboticsのオートメーション・エキスパートにご相談ください。

 

住所

中華人民共和国南京市玉花台区ソフトウェア大道170-1号4棟4階

電子メール

電話

(+86)-13851470374