のスマートなアップグレード 日本の冷蔵倉庫

コールドチェーン物流市場の規模が徐々に拡大するにつれて、生鮮食品や農産物など、特殊なコールドチェーン倉庫の需要も増加傾向にある。

一般質問

下記フォームに必要事項をご記入の上、「送信」ボタンをクリックしてください。折り返しご連絡させていただきます。

実績

  • 多段式低温倉庫の高密度自動化施設の設置により、スペース利用率が50%向上。
  • 1.4m/sの速度で-25℃の低温で作動し、効率を2倍に高め、食品保存を強力にサポートする。
  • 完全自動化・無人化により、人の出入りを減らし、冷蔵倉庫内の安定した温度・湿度環境を確保。
  • フル充電で6~8時間のバッテリー寿命があり、手作業を効果的に代替し、冷蔵倉庫における労働力不足の問題に対処する。
Zikoo's ソリューション
K
L

  • 325平方メートルの冷蔵倉庫を建設し、4階建て、296の倉庫を備える。
  • 3台のコールドチェーン自動搬送車(AGV)と、倉庫管理システム(WMS)、倉庫実行システム(WES)、倉庫制御システム(WCS)、ロボット制御システム(RCS)を含む包括的なソフトウェアシステムの導入。
  • 1100mm×1100mm×130mmのパレットを使用。

課題
K
L

  • スペース利用率が低い。
  • 手作業の効率が低い。
  • 倉庫の安定性と清潔さに対する高い要求。
  • 健康に影響を及ぼす劣悪な労働条件と、労働者の雇用難。

プロジェクトの背景
K
L

コールドチェーン物流市場の規模が徐々に拡大するにつれて、生鮮食品や農産物などの特殊なコールドチェーン倉庫の需要も増加している。パンデミックの間、さまざまな生鮮食品プラットフォームが事業量の爆発的な伸びを経験し、コールドチェーン生鮮食品倉庫の大幅な急増を促した。大手食品企業も、コールドチェーン物流の情報化に対してより高い要求を掲げている。その結果、コールドチェーン物流業界は脚光を浴び、コールドチェーン倉庫はインテリジェント化とデジタル化の必要性に早急に直面している。

業界ケーススタディ

近年、食品の健康と安全性に対する社会的関心が高まる中、生鮮食品コールドチェーン業界は急成長を遂げ、その市場規模は年々拡大している。しかし、COVID-19のパンデミックは、検疫によるスタッフ不足や人との接触による安全リスクなど、食品の保管・流通に大きな課題を突きつけている。こうした課題により、コールドチェーン倉庫の無人化・インテリジェント化への変革が加速している。Zikoo Roboticsは、日本の食品会社に包括的なインテリジェント倉庫ソリューションを提供し、冷蔵倉庫の自動化とインテリジェント化において大きな進歩を遂げました。この変革により、保管効率は倍増し、保管利用率は50%向上しました。

日本のプロジェクトで特筆すべきは、コールドチェーン用に特別に設計されたZikoo Roboticsのインテリジェント・シャトル車両ZK-Rシリーズの採用である。これらの車両は、常温環境で使用されるものとは異なり、コールドチェーン専用キットを装備し、コールドチェーン環境特有の条件に合わせて特別に設計されている。25℃までの低温下で効率的、スムーズ、安全に作業でき、4方向へのフレキシブルな移動、インテリジェントな自律ハンドリング、複数の車両による共同作業を特徴としています。

ZK-Rシリーズは、低温製品に適した特殊低温バッテリーを搭載し、バッテリー寿命は最大8時間、最大積載量は2000kg。3つのサイズがあり、自動スケジュール充電が可能なため、電源供給の心配がありません。70を超える厳格な試験手順を経て製造されたこの高規格車両は、現在、世界中の数多くの低温倉庫で使用されている。

Zikoo Roboticsはパレットストレージソリューションのリーディングプロバイダであり、ロボット本体、コアアルゴリズム、オペレーティングシステム、ビジネスシステムなど、バリューチェーン全体にわたる包括的な研究開発能力を誇っている。同社は、効率的で高密度、柔軟性があり、短納期のインテリジェント倉庫ソリューションを顧客に提供することに専念している。現在までに、Zikoo Roboticsは様々なロボットとインテリジェントシステムを発売し、機械、新エネルギー、家電、コールドチェーン、食品、家庭用家具などの業界にサービスを提供している。業界をリードする評判を持つ同社は、倉庫ロボット分野における新興勢力であり、企業ストレージのデジタル化とインテリジェント化を継続的に推進している。

関連商品

R-Bot

4ウェイ・パレット・シャトル

H-Bot

高速エレベーター

お問い合わせ

Zikoo Robotics

ZIKOO Roboticsのオートメーション・エキスパートにご相談ください。

 

住所

中華人民共和国南京市玉花台区ソフトウェア大道170-1号4棟4階

電子メール

電話

(+86)-13851470374